絢爛豪華にしてリーズナブル ビュッフェで盛り上がろう!

旬の食材を心ゆくまで味わえる、旅館やホテルのビュッフェ。ずらりと並ぶおいしそうな料理や、シェフが目の前で調理をしてくれるライブキッチンは、旅を盛り上げてくれること間違いなし!3世代家族旅行にもおすすめのビュッフェのある宿をご紹介します。

人気ランキングはこちら▸

だから盛り上がる!3つのポイント

1.旅先の宿ならでは 旬の食材がたっぷり味わえる

旅先で食事を楽しむなら、その土地ならではの食材を味わいたいもの。お肉や新鮮なお刺身、カニやイクラ、旬のフルーツなどを好きなだけいただけるのが、宿のビュッフェの醍醐味です。施設によっては、季節ごとのフェアを開催しているところもあります。

2.非日常を演出してくれる 臨場感あるライブキッチン

旅館・ホテルのビュッフェやバイキングでよく見かけるライブキッチン。目の前で調理をしてくれる臨場感に、大人も子どもも盛り上がりそう。揚げたての天ぷらをいただけたり、ローストビーフを好みの厚さに切り分けてくれたりと、嬉しい演出が目白押しです。

3.好きなものを好きなだけ! 3世代旅行でもみんなが大満足

さまざまな世代での旅行では、食の好みや量をあわせることに悩みがちです。そんな心配も、好きなものを好きなだけ食べられる、ビュッフェやバイキングなら解消できます。臨場感のあるライブキッチンや自分でつくるスイーツなど、エンタメ性の高さも魅力です。

知っておきたい ビュッフェとバイキングの違い

「ビュッフェ」の語源「buffet」はフランス語で、食べ放題の意味はなく、立食スタイルやセルフ形式の食事を指します。一方「バイキング」は、定額を払っての食べ放題スタイルを指す和製英語。好みの料理を選ぶデンマークの「スモーガスボード」にヒントを得て、北欧のイメージからバイキングと名付けられたことがはじまりです。語源も本来の意味も違う二つの言葉ですが、現在はどちらも食べ放題の意味で使われがちです。

だから盛り上がる!3つのポイント

1.旅先の宿ならでは 旬の食材がたっぷり味わえる

旅先で食事を楽しむなら、その土地ならではの食材を味わいたいもの。お肉や新鮮なお刺身、カニやイクラ、旬のフルーツなどを好きなだけいただけるのが、宿のビュッフェの醍醐味です。施設によっては、季節ごとのフェアを開催しているところもあります。

2.非日常を演出してくれる 臨場感あるライブキッチン

旅館・ホテルのビュッフェやバイキングでよく見かけるライブキッチン。目の前で調理をしてくれる臨場感に、大人も子どもも盛り上がりそう。揚げたての天ぷらをいただけたり、ローストビーフを好みの厚さに切り分けてくれたりと、嬉しい演出が目白押しです。

3.好きなものを好きなだけ! 3世代旅行でもみんなが大満足

さまざまな世代での旅行では、食の好みや量をあわせることに悩みがちです。そんな心配も、好きなものを好きなだけ食べられる、ビュッフェやバイキングなら解消できます。臨場感のあるライブキッチンや自分でつくるスイーツなど、エンタメ性の高さも魅力です。

知っておきたい ビュッフェとバイキングの違い

「ビュッフェ」の語源「buffet」はフランス語で、食べ放題の意味はなく、立食スタイルやセルフ形式の食事を指します。一方「バイキング」は、定額を払っての食べ放題スタイルを指す和製英語。好みの料理を選ぶデンマークの「スモーガスボード」にヒントを得て、北欧のイメージからバイキングと名付けられたことがはじまりです。語源も本来の意味も違う二つの言葉ですが、現在はどちらも食べ放題の意味で使われがちです。

シチュエーション別に『宿』を選ぼう

一日の元気をチャージする モーニングビュッフェ

気分を上げていきたい旅にとって、朝食は一日の元気をチャージする大事なもの。宿のモーニングがビュッフェだと、がぜん一日が楽しくなりそう。サラダに目玉焼き、ソーセージといった定番モーニングだけでなく、人気のライブキッチンでできたてアツアツを食べられるスクランブルエッグやパンケーキ、自家製のパンやスープ、ご当地の焼き魚や郷土料理など、こだわりのメニューが並ぶ宿だと、なお旅が充実しそうです。

  • ロイヤルインステーションプラザ

    鹿児島県 / 出水市

    ロイヤルインステーションプラザ

    自然と歴史を誇る出水市に立つビジネスホテル

    ツルの渡来地で知られる出水市。その地で、JR九州新幹線出水駅から徒歩約1分、鹿児島空港行きのバス停まで徒歩約1分と、抜群の利便性を誇るビジネスホテルだ。また、出水市は武家屋敷がいまも残る歴史の町だけあり、観光名所も充実し、冬になると約1万羽のツルが集まり、ほかにはない景色が見られる。客室は、心地良さを追求した空間で、シングル・ツイン・ダブルを用意。朝食の和・洋バイキングは無料で、近隣には飲食店が充実。無料駐車場100台分、全室Wi-Fi完備と、旅を有意義にする環境が整っている。

  • サザンビーチホテル&リゾート沖縄

    沖縄県 / 糸満市

    サザンビーチホテル&リゾート沖縄

    豪華客船のように悠然と佇むリゾートホテル

    那覇空港から約10km、車で約20分の“ダイレクトリゾート”で、日々の喧騒から離れてゆるりと過ごす南国ステイを提供。ビーチリゾートでありながらも、那覇市や南部の主要施設、人気スポットへのアクセスも良く、ゆっくり過ごしたい人にも、観光やショッピングを愉しみたい人にもおすすめだ。客室は、専用の「プレミアムラウンジ」が利用できるラグジュアリーな部屋からカジュアルな部屋まで多種多様。レストランや屋内外のプール、エステや品揃え豊富なショップと、館内施設も充実している。

  • ホテル長崎

    長崎県 / 長崎市

    ホテル長崎

    世界に誇る長崎の絶景と伝統料理を堪能できるホテル

    「世界新三大夜景」の景色を満喫できる高台のホテル。客室、屋上にある貸切露天風呂やレストランからはもちろん、フロントからも長崎自慢の風景を見晴らせ、チェックインから旅の気分が盛り上がる。また、2019年にリニューアルした畳敷き風呂の大浴場でも、120度に広がる長崎の夜景を一望。まさに絶景三昧の宿だ。客室は和室・洋室・特別室、2022年4月にリニューアルした和洋室があり、食事は長崎ならではの卓袱料理や肉鍋などを味わえる。館内にはキッズスペースも完備。

  • にっしょうかん 新館 梅松鶴

    長崎県 / 長崎市

    にっしょうかん 新館 梅松鶴

    一千万ドルの夜景と長崎名物・卓袱料理に心満たされる宿

    秋の大祭「長崎くんち」で有名な諏訪神社の高台に位置し、長崎市街・稲佐山・長崎港・女神大橋など「世界新三大夜景」に認定された美しい夜景を、客室をはじめラウンジ、大浴場など館内の至る場所から一望。特に、眼下に広がる夜景を眺めながら湯浴みできる展望露天風呂が人気だ。ゆっくり湯に浸かった後は、全室63平米以上の広さをもつ客室で寛ごう。夕食は会席料理または長崎の郷土料理・卓袱料理から選べるのも魅力のひとつ。客室、宴会場、パブリックスペースのすべてでWi-Fiが利用可能。

モーニングビュッフェがおすすめのホテル・旅館をエリア別で探す

優雅な体験をリーズナブルに ランチビュッフェ

ホテルランチはちょっとした優雅な気分が味わえる体験です。それがビュッフェであれば、なおのこと。ディナーだと価格やマナーなどで敷居の高さを感じる高級ホテルでも、ランチならリーズナブルに、リラックスして料理を堪能できそう。季節ごとに変わるビュッフェや「点心ビュッフェ」といったテーマがあるビュッフェ、なかにはスイーツビュッフェとランチがセットになったプランがある宿もあるので、あれこれ楽しめます。

  • グローカルホテル糸島

    福岡県 / 糸島市

    グローカルホテル糸島

    糸島の四季の味が堪能できる朝食自慢の宿がオープン

    2021年8月、福岡県糸島市に誕生するオーセンティック・ホテル。シングル、ダブルから、3~4名でも利用できる「ラグジュアリーツインルーム」まで、さまざまなニーズに応える客室を用意。タイプも、シャワールームのみの部屋からキッチン付きの長期ステイ向けまで揃い、好みや滞在スタイルに合わせて選ぶことができる。無料Wi-Fi完備で、ビジネスやワーケーションでの利用にもおすすめ。地元で人気のレストラン「太陽の皿」がこのホテル内に場所を移し、先行オープンしているのも話題だ。

  • 雲仙みかどホテル

    長崎県 / 南島原市

    雲仙みかどホテル

    豪華ビュッフェが自慢の銘木の温もりに癒される湯宿

    長崎・島原の広大な自然に囲まれた温泉宿「雲仙みかどホテル」。樹齢約800年の巨大な椎の木が鎮座する門をはじめ、都市開発やダム建設により伐採された多くの銘木が、館内の至るところで存在感を示している。旅の醍醐味ともいえる食事は、国産牛の焼き肉や刺身といった新鮮な山海の幸をはじめ、地元・島原の食材を使った旬が薫る料理からスイーツまで、子どもから大人までたっぷりと愉しめるメニューが揃う。料理人の技が光る多彩な料理を思い思いに満喫しよう。

  • 唐津シーサイドホテル

    佐賀県 / 唐津市

    唐津シーサイドホテル

    雄大な唐津湾と「虹の松原」に囲まれ特別な休日を堪能

    特別名勝「虹の松原」に隣接する、唐津のリゾートホテル。2019年12月に、待望の新館がオープンした。広々とした客室は全室オーシャンビュー。上質なインテリアで設えた贅沢な空間だ。一押しは、絶景を一望する新館東館の天然温泉のインフィニティプール「ルーフトップサーマルバス」。さらに、地下1,394mから湧き出る天然温泉が愉しめる大浴場なども完備。湯上がりは館内の食事処で、活きイカなどの海鮮や、ブランド牛「佐賀牛」など地元の贅沢な食材をふんだんに使った料理を堪能しよう。

  • ホテルアムステルダム(ハウステンボス直営)

    長崎県 / 佐世保市

    ホテルアムステルダム(ハウステンボス直営)

    「ハウステンボス」内で暮らすように過ごせるホテル

    九州最大級のテーマパーク「ハウステンボス」にある、パーク内唯一のホテル。「ハウステンボス」のほぼ中央に位置し、古き良き時代のヨーロッパを再現した街並みに立つ。広々した客室は、カップルや家族、女子旅など多彩なシーンに合わせて選べ、快適な滞在を約束する。なかでも最上階フロアでは、専用のコンシェルジュサービスやクラブラウンジで特別なもてなしが提供され、贅沢な時間をおくれるのも魅力。パーク内の景色や雰囲気に浸りながら、食事やアルコールが愉しめるレストランも充実している。

ランチビュッフェがおすすめのホテル・旅館をエリア別で探す

豪華さとエンタメ性を満喫 ディナービュッフェ

宿が誇るシェフの料理を堪能するなら、なんといってもディナーですね。ディナービュッフェなら、品数もバリエーションも、食べ放題であったとしても迷うほどにたくさんの品々が所狭しと並ぶのが魅力。和食、フレンチ、イタリアン、中華とさまざまな国の料理が並んだり、郷土料理のフェアがあったり、色とりどりの食後のスイーツも充実。シェフが目の前で腕を振るうライブキッチンなど、豪華なお楽しみがいっぱいです。

  • グローカルホテル糸島

    福岡県 / 糸島市

    グローカルホテル糸島

    糸島の四季の味が堪能できる朝食自慢の宿がオープン

    2021年8月、福岡県糸島市に誕生するオーセンティック・ホテル。シングル、ダブルから、3~4名でも利用できる「ラグジュアリーツインルーム」まで、さまざまなニーズに応える客室を用意。タイプも、シャワールームのみの部屋からキッチン付きの長期ステイ向けまで揃い、好みや滞在スタイルに合わせて選ぶことができる。無料Wi-Fi完備で、ビジネスやワーケーションでの利用にもおすすめ。地元で人気のレストラン「太陽の皿」がこのホテル内に場所を移し、先行オープンしているのも話題だ。

  • 阿蘇白雲山荘

    熊本県 / 阿蘇市

    阿蘇白雲山荘

    壮大な阿蘇の大自然を全室から眺望できる湯宿

    地震を乗り越え、2022年7月にリニューアルオープンした「阿蘇白雲山荘」。阿蘇のカルデラ盆地に佇む天然温泉の湯宿では、全客室から壮大なスケールを誇る阿蘇の山々を一望できる。客室タイプは、畳床の上にベッド2台とリラックスチェアを配したスーペリアルーム、眺望抜群のスダンダードルームなどが揃う。また、敷地内には、家族旅行にもおすすめの一棟貸しコテージがあり、自然美とともに、豊かな旅の時間を満喫できる。

  • いっぺん庵

    京都府 / 京丹後市

    いっぺん庵

    全7室に源泉掛け流しの檜の内湯と露天風呂を完備

    京都府最北西に位置する京丹後市の久美浜にある、日本海を見下ろす隠れ宿。全7室の離れの客室すべてに源泉掛け流しの檜の内湯と露天風呂が付き、自家源泉の湯を独り占めできる。海を一望する客室、庭付きの客室など、4種類の客室が揃い、いずれも趣のある寛ぎの空間だ。館内には毎日女将が活ける季節の花が飾られ、もてなしの心が潤いを添える。また、客室とは別に大浴場があり、24時間、自家源泉の湯を掛け流しで愉しめる。離れの宿だからこそ味わえる贅沢なひとときを、心ゆくまで堪能しよう。

  • 雲仙みかどホテル

    長崎県 / 南島原市

    雲仙みかどホテル

    豪華ビュッフェが自慢の銘木の温もりに癒される湯宿

    長崎・島原の広大な自然に囲まれた温泉宿「雲仙みかどホテル」。樹齢約800年の巨大な椎の木が鎮座する門をはじめ、都市開発やダム建設により伐採された多くの銘木が、館内の至るところで存在感を示している。旅の醍醐味ともいえる食事は、国産牛の焼き肉や刺身といった新鮮な山海の幸をはじめ、地元・島原の食材を使った旬が薫る料理からスイーツまで、子どもから大人までたっぷりと愉しめるメニューが揃う。料理人の技が光る多彩な料理を思い思いに満喫しよう。

ディナービュッフェがおすすめのホテル・旅館をエリア別で探す

臨場感とできたてを味わう ライブキッチン

ライブキッチンとは、シェフ自らが目の前で料理を仕上げてくれるサービスのこと。ずらりと並んだ料理人たちがさまざまな料理を作る姿は迫力満点。イベント性も満点で、まさに食のエンターテイメント。モーニングなら具を選んで作ってもらえるスクランブルエッグ、ディナーなら鉄板焼きや天ぷら、ロティサリーチキンなどをできたてのアツアツでいただけます。目の前で握ってもらえる寿司も特別感があって心が躍ります。

  • 新潟 第一ホテル

    新潟県 / 新潟市中央区

    新潟 第一ホテル

    1泊から長期滞在まで利用できる駅近ホテル

    JR新潟駅から徒歩約1分という好立地にありながら、男女別の大浴場やホテル併設のコンビニ、蔵書数1万5千冊を超えるコミックルームなど、充実した施設を兼ね備えた多機能ホテル。館内駐車場以外にも周辺に多くの契約コインパーキングがあるので、ビジネスにも観光にも至便だ。2021年に客室・朝食会場がフルリニューアルされ、より快適に過ごしやすくなった。朝食は、新潟県産コシヒカリと手作り料理に加えて、へぎそばやタレカツなどの新潟名物から鉄板焼きまで100種を超えるメニューをバイキングで堪能しよう。

  • SHIRAHAMA KEY TERRACE HOTEL SEAMORE

    和歌山県 / 西牟婁郡

    SHIRAHAMA KEY TERRACE HOTEL SEAMORE

    梅樽風呂でゆったりと水平線を眺める

    朝な夕なに変わりゆく紀の国と海と山を眺めながらゆとりと寛ぎを愉しめる、圧倒的スケールのリゾートホテル。日本三大温泉「白浜」の豊富な天然温泉を、自家源泉による掛け流しの放流型で、すべての大浴場・露天風呂で満喫できる。食事は南紀の色鮮やかな旬の食材を使った和食会席。唯一の紀州本クエ専門店「九絵亭」では、本場ならではのクエ料理を心ゆくまで堪能できる。姉妹館「白浜海中展望塔」も併設、アドベンチャーワールドまでは車で10分の好立地も魅力のひとつだ。

  • ホテル コレクティブ

    沖縄県 / 那覇市

    ホテル コレクティブ

    国際通り沿いに立つ新たなランドマークホテル

    2020年春、那覇市の国際通り沿いにオープンした「ホテル コレクティブ」。沖縄都市モノレール県庁前駅から徒歩約7分という立地を活かして、沖縄観光やビジネスの拠点となることはもちろん、地元客にも愛されるホテルを目指しているという。古くから行われてきた周辺諸国との交易によってもたらされた多種多様な文化が融合し、発展してきた沖縄の文化。その多様性に富んだ沖縄文化を館内随所に取り入れているのだそう。洗練された空間と地元文化が融合したホテルで、贅沢なステイを愉しめる。

  • 雲仙みかどホテル

    長崎県 / 南島原市

    雲仙みかどホテル

    豪華ビュッフェが自慢の銘木の温もりに癒される湯宿

    長崎・島原の広大な自然に囲まれた温泉宿「雲仙みかどホテル」。樹齢約800年の巨大な椎の木が鎮座する門をはじめ、都市開発やダム建設により伐採された多くの銘木が、館内の至るところで存在感を示している。旅の醍醐味ともいえる食事は、国産牛の焼き肉や刺身といった新鮮な山海の幸をはじめ、地元・島原の食材を使った旬が薫る料理からスイーツまで、子どもから大人までたっぷりと愉しめるメニューが揃う。料理人の技が光る多彩な料理を思い思いに満喫しよう。

ライブキッチンがあるホテル・旅館をエリア別で探す

ビュッフェが楽しめる宿をエリア別で探す

よくあるご質問

  • 新垣結衣さんや米倉涼子さんが登場する「月刊旅色」をいつも楽しみにしていますが、最近は「旅色FO-CAL」も気になっています。旅色FO-CALについて詳しく教えてください。

    いつもご覧いただきありがとうございます。「旅色FO-CAL」は日本のローカルにフォーカスする旅色特別号で、はじめて訪れる土地で見つけた感動や興奮をお届けする電子雑誌です。毎月25日公開の「月刊旅色」とあわせて、旅色FO-CALも是非お楽しみください。

  • 旅色では観光情報だけでなく、旅館・ホテル、飲食店、レジャースポットの情報を取り扱っているかと思いますが、それぞれどのページを参考に選べばよいでしょうか。

    旅館・ホテル」「グルメ・飲食店」「観光・体験・レジャー」など、それぞれで専用のページを設けています。また「人気ランキング」「厳千宿」「テーマ別特集」など特別コンテンツでもご紹介しております。

その他の特集を見る

贅沢旅が叶う 露天風呂付客室がある宿
すべて20室以下 至極の隠れ宿
ご飯が美味しい宿
都心を楽しむシティホテル
絶対に泊まりたい新しいホテル・旅館 2022年-2023年版