憧れの高級食材も、心ゆくまで味わえる 海鮮が美味しいホテル・旅館

周りを海に囲まれた日本には、美味しい海鮮料理を味わえる宿が数多くあります。カニやアワビ、フグ、伊勢エビなど、憧れの高級食材が食べられるディナープラン付きの施設も。温泉とともに、その土地だからこそ味わえる海の幸を思い切り満喫しましょう。

人気ランキングはこちら▸

獲れたての海の幸を味わう グルメ旅へ

桜エビやホタルイカを、生で味わう 春に旬を迎える海の幸

春が旬の海鮮といえば、貝です。ハマグリやホタテ貝、ホッキ貝、マテ貝などが旬を迎えます。そのほか白身の王様・鯛、桜エビ、ホタルイカも春の代表する海の幸。獲れたての桜エビやホタルイカは、生のまま刺身として食べるのがおすすめです。

人気の高級食材・アワビは夏が旬 夏に旬を迎える海の幸

刺身でもバター焼きでも美味しいアワビは、夏が旬。その美しさから白い宝石と呼ばれる白エビも夏に最盛期を迎えます。また、冬の印象が強い牡蠣ですが、岩牡蠣の旬は夏。大ぶりであっさりとした味わいが特長です。房総や高知の金目鯛も初夏が美味です。

新鮮なら、刺身で味わいたいノドグロ 秋に旬を迎える海の幸

白身の魚でありながら濃厚な味わいで人気のノドグロは、秋から冬にかけてが旬です。鮮度がよければ刺身として味わうこともできます。また、秋は戻りカツオの季節でもあります。脂の乗った戻りカツオは刺身が一番。高知の名物料理、カツオの藁焼きも絶品です。

フグやクエといった超高級魚も 冬に旬を迎える海の幸

たくさんの海の幸が美味しさを増す冬。淡白ながらも強い旨味を感じるフグ、最近、人気が高まっているクエといった超高級魚も冬に旬を迎えます。また寒ブリ、カニ、伊勢エビ、真牡蠣、アンコウなど、鍋が美味しい冬ならではの美食は、枚挙に暇がありません。

海鮮の食事付きプランで思い出に残る夜を

美味しい海鮮を思う存分味わうグルメ旅に出かけるなら、海鮮料理の食事付きプランがおすすめです。海を間近に感じる旅館や民宿、ホテルなどで温泉に浸かった後はお楽しみの夕食です。旬の海の幸を使った豪華な舟盛りや姿盛りは、見ているだけでも気分が上がります。「落ち着いた懐石料理を部屋食で」「にぎやかに食べ放題」など、旅のスタイルにあわせてプランを選んでみましょう。

獲れたての海の幸を味わう グルメ旅へ

桜エビやホタルイカを、生で味わう 春に旬を迎える海の幸

春が旬の海鮮といえば、貝です。ハマグリやホタテ貝、ホッキ貝、マテ貝などが旬を迎えます。そのほか白身の王様・鯛、桜エビ、ホタルイカも春の代表する海の幸。獲れたての桜エビやホタルイカは、生のまま刺身として食べるのがおすすめです。

人気の高級食材・アワビは夏が旬 夏に旬を迎える海の幸

刺身でもバター焼きでも美味しいアワビは、夏が旬。その美しさから白い宝石と呼ばれる白エビも夏に最盛期を迎えます。また、冬の印象が強い牡蠣ですが、岩牡蠣の旬は夏。大ぶりであっさりとした味わいが特長です。房総や高知の金目鯛も初夏が美味です。

新鮮なら、刺身で味わいたいノドグロ 秋に旬を迎える海の幸

白身の魚でありながら濃厚な味わいで人気のノドグロは、秋から冬にかけてが旬です。鮮度がよければ刺身として味わうこともできます。また、秋は戻りカツオの季節でもあります。脂の乗った戻りカツオは刺身が一番。高知の名物料理、カツオの藁焼きも絶品です。

フグやクエといった超高級魚も 冬に旬を迎える海の幸

たくさんの海の幸が美味しさを増す冬。淡白ながらも強い旨味を感じるフグ、最近、人気が高まっているクエといった超高級魚も冬に旬を迎えます。また寒ブリ、カニ、伊勢エビ、真牡蠣、アンコウなど、鍋が美味しい冬ならではの美食は、枚挙に暇がありません。

海鮮の食事付きプランで思い出に残る夜を

美味しい海鮮を思う存分味わうグルメ旅に出かけるなら、海鮮料理の食事付きプランがおすすめです。海を間近に感じる旅館や民宿、ホテルなどで温泉に浸かった後はお楽しみの夕食です。旬の海の幸を使った豪華な舟盛りや姿盛りは、見ているだけでも気分が上がります。「落ち着いた懐石料理を部屋食で」「にぎやかに食べ放題」など、旅のスタイルにあわせてプランを選んでみましょう。

好きな海鮮グルメに合わせて宿を選ぼう!

種類ごとに生息地や旬が異なる カニ

カニにはさまざまな種類があり、獲れる場所も旬の時期も少しずつ異なります。まず日本海の冬の風物詩であるズワイガニ。解禁日は11月上旬で、「松葉ガニ」「越前ガニ」など地域によって名前が異なります。メスは「香箱ガニ」「セイコガニ」などと呼ばれ、内子が大変美味です。毛ガニとタラバガニは、主に北海道で、秋から冬にかけて水揚げされます。どのカニもそのまま味わうのはもちろん、カニ鍋や焼きガニもおすすめです。

  • 玄妙庵

    京都府 / 宮津市

    玄妙庵

    日本三景のひとつ「天橋立」を望む高台の宿

    京都北部・丹後の山頂にしっとりと佇む由緒ある民芸風数奇屋造りの「玄妙庵」は、豊かな緑や海が間近に感じられ、木の温もりが伝わるロビーや客室からは日本三景として有名な「天橋立」や宮津湾が見渡せる。室町時代が起源の歴史をもつ純和風の館内は、静寂と柔和な雰囲気で癒される空間だ。客室は、「天橋立眺望和室」が14部屋、「宮津湾眺望和室」が3部屋の全17室。食事や観光以外はゆっくりと過ごしたくなる居心地の良さで、畳に寝転びながら、窓からのパノラマビューを眺めたい。

  • 油屋別館 和亭

    京都府 / 与謝郡

    油屋別館 和亭

    「名湯百選」の奥伊根温泉を客室で海を見ながら堪能

    丹後半島から絶景の日本海を眺望する、奥伊根温泉の湯宿。全室が天然温泉掛け流しの露天風呂付きで、湯けむりの向こうに海を見渡しながらプライベートな湯浴みを堪能できる。pH8.40の自家掘りの奥伊根温泉は、客室の露天風呂や大浴場でも昼夜を問わず堪能でき、しっとりすべすべの湯が心身を癒してくれる。食事は、丹後の旬の味覚を盛り込んだ会席料理を部屋食でいただける。日本海で水揚げされた旬の海鮮や、四季折々の京野菜を贅沢に盛り込んだ、丹後ならではの旬の味わいに舌鼓を打とう。

  • 城崎温泉 湯楽 Kinosaki Spa&Gardens

    兵庫県 / 豊岡市

    城崎温泉 湯楽 Kinosaki Spa&Gardens

    この宿だから味わえる但馬の幸を堪能する

    城崎温泉郷の中で、三方を山に囲まれて隠れ家のように佇む宿「城崎温泉 湯楽 Kinosaki Spa&Gardens」。温泉は大浴場、露天風呂、内風呂のほか、無料で愉しめる3種類の貸切露天風呂が完備されている。花を浮かべた「ラン・ローズ風呂」、フルーツを浮かべた「オレンジ・ライム風呂」や「りんご風呂」など、優雅な湯浴みを満喫したい。また、地元の旬の食材を使った美味しい料理は、新設された「お食事処 TAJIMA」で堪能できる。

  • 文珠荘

    京都府 / 宮津市

    文珠荘

    日本三景「天橋立」や運河の景色を一望できる温泉宿

    日本三景「天橋立」を望む宿 「文珠荘」。設計は、皇居の基本設計を担当した日本を代表する建築家・吉村順三氏が手掛け、“簡素で美しいものの追求”をモットーに、心和む水際の風景と快適な泊まり心地を兼ね備えた和のリゾートに。また、石窯レストランでは丹後の食材を使った石窯料理がいただける。客室は、豪華な「特別室」や一般客室を備え、燻したお茶の香りでリラックスできる「茶香炉」の貸し出しやレンタサイクルなど、ゲストの好みで選べるもてなしがあり、充実した滞在が叶う。

カニが美味しいホテル・旅館をエリア別で探す

海外でも人気の高い海の幸 牡蠣・アワビ

世界的に人気で高級化が進んでいるアワビ。産地は全国各地に広がり、その旬は夏です。コリコリした食感を楽しむなら刺身がおすすめ。蒸す、ステーキにする、豪快に殻ごと焼くのもまた違った味わいです。牡蠣には、クリーミーで濃厚な味わいの真牡蠣、大ぶりであっさりとした味わいの岩牡蠣があり、旬は真牡蠣が冬、岩牡蠣が夏です。生で、蒸して、焼いて味わうほか、一番の産地、広島では土手鍋やお好み焼きでも食べられています。

  • 宮島シーサイドホテル

    広島県 / 廿日市市

    宮島シーサイドホテル

    瀬戸内の海景と波音に癒やされる至福のひととき

    世界遺産の厳島神社を有する広島県・宮島に立つ「宮島シーサイドホテル」。にぎやかな参道や宮島桟橋からほど良く離れ、豊かな自然に抱かれた贅沢なロケーションが自慢。目の前に瀬戸内海を臨み、移り変わる海の表情が愉しめる。部屋から鹿の姿が見えるのも宮島のホテルならではの景観だ。ホテルから宮島港へは無料送迎バスで約5分、そこから厳島神社へは徒歩約10分とアクセスが良く、観光の拠点としてもおすすめだ。

牡蠣・アワビが美味しいホテル・旅館をエリア別で探す

冬になると美味しくなる高級魚 フグ・クエ・アンコウ

寒くなるとともに美味しくなるフグ・クエ・アンコウ。アンコウの一番の産地は福島から茨城にかけての常磐沖で、肝を溶かした味噌仕立ての鍋は自慢の一品です。フグのなかでも人気のトラフグは、山口県、九州北部で主に水揚げされます。刺身、唐揚げ、鍋などが供されるフグのコースは、ぜひ一度味わってほしい美味です。クエは、ハタ科に属する高級魚。九州では地方名でアラと呼ばれていて、刺身や鍋で食べられています。

  • ホテル三楽荘

    和歌山県 / 西牟婁郡

    ホテル三楽荘

    源泉掛け流しの露天風呂で白良浜の絶景を独り占め

    「ホテル三楽荘」は、名勝として知られる白良浜に佇む、全室オーシャンビューのスパリゾートホテル。上層階にある和室、洋室、特別室の3タイプの露天風呂付き客室を含む計22室を用意している。自慢は、日本三大古湯のひとつ、南紀白浜温泉の湯を源泉掛け流しで堪能できること。畳敷きの大浴場を備え、山側に湧く「藤の湯」と、海辺に湧く「衝幹の湯」の、2種の泉質を愉しめる。夕食は、紀州の山海の幸を盛り込む会席料理。ターコイズブルーの海を目の前に、旅の時間を満喫したい。

  • 天然本クエ鍋料理 紀州の宿白砂

    和歌山県 / 西牟婁郡

    天然本クエ鍋料理 紀州の宿白砂

    最高のもてなしで天然本クエ料理を心ゆくまで味わう

    南紀白浜の景色が目の前に見える「紀州の宿 白砂」は、天然のクエを味わうことができる、地元でも有数の宿である。天然の本クエ料理をはじめ、伊勢海老やアワビなど、新鮮で贅沢な海の幸を使った、自然の恵みが織り成す季節の料理の数々に舌鼓を打とう。料理をゆっくりと堪能できるよう、一品ずつ出される心遣いも嬉しい限りである。「本物の味を堪能してほしい」をコンセプトとした、最高のクエ料理や伊勢海老料理を、旅の思い出のひとつとして、存分に味わおう。

  • グランパスSea

    和歌山県 / 西牟婁郡

    グランパスSea

    雄大な太平洋を望める場所に佇む南紀白浜の宿

    南紀白浜にある国の名勝「千畳敷」から歩いてすぐの場所にオープンしたホテル。館内に入ると正面に滝が流れ、開放的なリゾート空間が広がる。客室は、2室限定の「デラックスルーム」や、広々とした「和モダンルーム」、海を眺めながら寛げる和室など、さまざまなタイプが揃う。自慢の湯処では、波の音が聞こえる「檜の露天風呂」や「露天岩風呂」で白浜温泉の湯を満喫でき、ゆったりできる内風呂もある。また、展望台では太平洋に沈んでいく夕日の絶景を堪能。今まで知らなかった白浜の魅力を発見できるかも。

フグ・クエ・アンコウが美味しいホテル・旅館をエリア別で探す

しっかりとした脂と旨味が人気 金目鯛・ノドグロ

金目鯛は通年水揚げされますが、特に11月~4月の冬期と、5月~6月の初夏が旬です。甘みのある脂で味がしっかりとした金目鯛は、刺身でも美味しいですが、煮付けが特に人気。静岡、高知、千葉県銚子沖でよく獲れます。ノドグロは、秋から冬に旬を迎え、北陸や山陰など日本海側で多く水揚げされます。とろけるような味わいで「白身のトロ」とも呼ばれ、今や高級魚の仲間入りを果たしました。鮮度がよければ刺身がおすすめです。

金目鯛・ノドグロが美味しいホテル・旅館をエリア別で探す

祝いの席にふさわしい海鮮 伊勢エビ

伊勢エビは養殖ができないため、全てが天然ものの貴重な海鮮です。主な産地は三重、千葉、静岡、長崎。一般的に旬は11月~翌年3月ですが、房総沖ではプランクトンが豊富で伊勢エビが早く育つため、8月初旬から旬を迎えます。生でも美味ですが、軽く湯引きをするなど加熱をするとより旨味が引き出され、味噌汁にしても絶品です。古来より祝いの場に欠かせない伊勢エビは、ご長寿などのお祝いやおもてなしの席にぴったりです。

  • ホテル三楽荘

    和歌山県 / 西牟婁郡

    ホテル三楽荘

    源泉掛け流しの露天風呂で白良浜の絶景を独り占め

    「ホテル三楽荘」は、名勝として知られる白良浜に佇む、全室オーシャンビューのスパリゾートホテル。上層階にある和室、洋室、特別室の3タイプの露天風呂付き客室を含む計22室を用意している。自慢は、日本三大古湯のひとつ、南紀白浜温泉の湯を源泉掛け流しで堪能できること。畳敷きの大浴場を備え、山側に湧く「藤の湯」と、海辺に湧く「衝幹の湯」の、2種の泉質を愉しめる。夕食は、紀州の山海の幸を盛り込む会席料理。ターコイズブルーの海を目の前に、旅の時間を満喫したい。

伊勢エビが美味しいホテル・旅館をエリア別で探す

自由に楽しく、海鮮を楽しめる 食べ放題

旅先で美味しい海鮮を心ゆくまで楽しみたいなら、食べ放題やブッフェが付いた宿泊プランを選んでみてはいかがでしょう。たくさん食べたい若者、少しだけ味わいたい年配の方など、自分にあった量を食べられますし、細かいマナーを気にしなくても大丈夫。特に子連れ、三世代旅行に人気のスタイルです。色とりどりの海鮮をご飯の上に乗せて楽しむ海鮮丼や、好きな海鮮を焼いて楽しむ「浜焼食べ放題」なら、旅の気分も盛り上がります。

海鮮を食べ放題で楽しめるホテル・旅館をエリア別で探す

海鮮が美味しいホテル・旅館をエリア別で探す

よくあるご質問

  • 新垣結衣さんや米倉涼子さんが登場する「月刊旅色」をいつも楽しみにしていますが、最近は「旅色FO-CAL」も気になっています。旅色FO-CALについて詳しく教えてください。

    いつもご覧いただきありがとうございます。「旅色FO-CAL」は日本のローカルにフォーカスする旅色特別号で、はじめて訪れる土地で見つけた感動や興奮をお届けする電子雑誌です。毎月25日公開の「月刊旅色」とあわせて、旅色FO-CALも是非お楽しみください。

  • 旅色では観光情報だけでなく、旅館・ホテル、飲食店、レジャースポットの情報を取り扱っているかと思いますが、それぞれどのページを参考に選べばよいでしょうか。

    旅館・ホテル」「グルメ・飲食店」「観光・体験・レジャー」など、それぞれで専用のページを設けています。また「人気ランキング」「厳千宿」「テーマ別特集」など特別コンテンツでもご紹介しております。

その他の特集を見る

贅沢旅が叶う 露天風呂付客室がある宿
すべて20室以下 至極の隠れ宿
海鮮が美味しいホテル・旅館
都心を楽しむシティホテル
絶対に泊まりたい新しいホテル・旅館 2022年-2023年版